いろあとシリーズ

Worker Motion

作業時間も位置も自動取得

カメレオンコードなら手で書く、かざす行為は必要ありません。

工場や倉庫で、製造・物流ラインの作業者の現場位置を自動で把握します。カメレオンコードを貼った作業者の位置を、ネットワークカメラが常時収集し、誰が・いつ・どこに居るかを自動で記録します。記録簿やIDカードのように作業者主体の記録を必要とせず、より正確な滞在時間や移動時間・移動距離、時系列の動線が可視化できます。

Worker Motion|機能

作業時間の取得

工程ごとの作業時間を自動で取得。自ら記録する必要がなく、作業の動きを止めません。

安全対策

立ち入り禁止エリア・特定エリアへ侵入した際、アラートを発報します。

入退場把握

入退場を判定し電子錠と連携することも可能です。また、熱中症対策にも利用できます。

動線把握

複数のカメラで誤差数センチの動線を把握し、業務改善に役立てます。

Worker Motion|導入のメリット

誤差数センチの位置情報を取得する

誤差数センチの位置情報

誤差数センチの位置情報を測位できるため、複雑な作業場所でも工程別時間集計ができます。

禁止区域に入るとアラート

エリアで区分け

カメラ画角内に発報エリアを設定できます。特定のエリアでカメレオンコードを認識するとアラートを出します。権限のない作業者の行動を制限することで、品質保証へとつながります。

軌跡が秒単位・センチ単位で取れる

最短1秒の位置情報記録

作業者の動線を、最短1秒単位の位置情報として時系列に記録できますので、工程順序やレイアウト最適化の改善活動につながります。

 

危険エリアに長時間滞在でアラート

長時間の入場でアラート

入退場管理では、連続入場時間を設定し、一定時間を超過するとアラートを発報しますので、作業者の安全対策につながります。

Worker Motion|ご利用のイメージ

1.カメレオンコード発行

各担当者にカメレオンコード発行しヘルメットに貼り付ける

事前に登録された人に対し、管理者からカメレオンコードを発行します。

2.カメラが自動認識

通常作業の中でカメラが自動認識し、位置・時間データを取得

カメレオンコードを付けた作業者が、カメラを通過した時点で認識します。作業者毎の時間を記録できます。

3.作業実績の収集

取得されたデータは、いつでも見ることができる

作業者が「どこに」「どれだけ」滞在したのかを収集。作業者の所在もリアルタイムに確認できます。

異常検知を早期発見

異常を検知すると管理者にメールを送信します。誰がどこで何分滞在しているかを確認でき、早期の対策が可能です。

BIツールとの連携も可能

BIツールを使って様々な分析を行う

得られた情報を、BIツールによって可視化できます。ログだけではわからない情報を見える化します。