いろあとシリーズ

ピッキング支援

ピッキング作業時間の短縮

カメレオンコードなら探す手間は必要ありません。

スマホでらくらくピッキング作業

ピッキング支援|機能

作業時間の短縮

対象のコードが点灯することで、簡単に識別できるため、探索時間が短縮されます。

人為的ミスの防止

画面上で点灯したコードを確認しながら作業するため、取り違えや混同といったヒューマンエラーを防止します。

作業の平準化

スマホをかざすだけで、誰でも短時間で簡単にピッキング作業を行えます。

システム連携

お客様のシステムとデータの受け渡しが可能です。カメレオンコードのメリットが最大限に利用できます。

ピッキング支援|導入のメリット

誤差数センチの位置情報を取得する

スマホをかざすだけで複数の中から該当するものを画面で確認しながら安易に探すことができます。

禁止区域に入るとアラート

作業員の負担を軽減し、作業環境を改善することができます。作業員は効率的に作業ができ、ミスのリスクが減り、生産性が向上します。

軌跡が秒単位・センチ単位で取れる

管理者画面では、ピッキング作業状況を確認できます。「誰が、いつ、どれを」作業したか、追跡や出荷記録管理が容易になります。

 

危険エリアに長時間滞在でアラート

上位システムとのデータの受け渡しが行えます。システム改修を抑えたピッキング支援システムの導入が可能となります。

Worker Motion|ご利用のイメージ

1.カメレオンコード発行

各担当者にカメレオンコード発行しヘルメットに貼り付ける

事前に登録された人に対し、管理者からカメレオンコードを発行します。

2.カメラが自動認識

通常作業の中でカメラが自動認識し、位置・時間データを取得

カメレオンコードを付けた作業者が、カメラを通過した時点で認識します。作業者毎の時間を記録できます。

3.作業実績の収集

取得されたデータは、いつでも見ることができる

作業者が「どこに」「どれだけ」滞在したのかを収集。作業者の所在もリアルタイムに確認できます。

異常検知を早期発見

異常を検知すると管理者にメールを送信します。誰がどこで何分滞在しているかを確認でき、早期の対策が可能です。

BIツールとの連携も可能

BIツールを使って様々な分析を行う

得られた情報を、BIツールによって可視化できます。ログだけではわからない情報を見える化します。